あきゅらいずの優すくらぶ 全成分

 

優すくらぶ(パック)

今日は、あきゅらいず 優すくらぶの全成分を紹介していきたいと思います!

優すくらぶは、洗顔後の濡れた肌につけるパックです。

あきゅらいずに言わせると、お肌を柔らかくほぐしてくれる「すっぴんの素」だとか。

確かに、あきゅらいずでは、お肌がキレイに整ってすっぴんになる方も多いですよね♪

すくらぶという名称ですが、毎日使えるパックですので、あまりこすらないように使うのがコツのようです。

このパックがどんな成分で出来ているのか、早速見て行きましょう!

【優すくらぶ ゼラニウム全成分】

水、コーンスターチ、ヨクイニン、海塩、アルギン酸Na、★タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス★、スイゼンジノリ多糖体、ポリグルタミン酸、オリーブ果実油、ハチミツ、BG、ゼラニウム油、カプリリルグリコール

※★マークをつけたタンジン根エキスからオウレン根エキスまでが、和漢ハーブエキス・草根木皮たまりの成分になります。

優すくらぶの成分を見てみて特筆すべきは、自然由来の物が多いという事ではないかと思います。

成分表は、配合量の多い物から順に記載していくというルールがあるのですが、優すくらぶは、水の次に「コーンスターチ」が多く入っているんですね。

 

 

使ってみると分かるのですが、優すくらぶは塗っても垂れてこないようなしっかりしたテクスチャをしています。

この粘度はコーンスターチから来ていると予想できるのですが、私たちになじみの深い食品が使われているのは、とても安心できますよね。

 

3番目に多く配合されている「ヨクイニン」は別名ハトムギ。

漢方では昔から使われているハトムギは、日本でも特に化粧水が大ヒットしましたね。

草根木皮たまりの次に配合されている「スイゼンジノリ多糖体」は水前寺海苔から成る成分で、保水力がヒアルロン酸の5倍以上という輝かしい実績を持つキーエレメント。

他にも、保湿の役割を持つオリーブ油、肌を整える海塩なども配合されています。

 

実は、優すくらぶは2種類あり、ゼラニウムの他にハッカもあります。

ハッカの全成分は以下の通りです。

【優すくらぶ ハッカ全成分】

水、コーンスターチ、ヨクイニン、海塩、アルギン酸Na、★タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス★、スイゼンジノリ多糖体、ポリグルタミン酸、オリーブ果実油、ハチミツ、BG、ハッカ油、カプリリルグリコール

基本的な成分は全てゼラニウムと一緒で、ゼラニウム油がハッカ油に変わっただけ、という内容です。

ハッカを使用しているだけあって、スース―とした爽快感があり、特に『夏がおススメ』というユーザーもいらっしゃいます。

―――――――――――――――――――――――――

優すくらぶは、お肌を柔らかくほぐしてくれ、次に使う秀くりーむの浸透を助けるという役割があります。

お肌が頑張っている時は「ジンジン」と感じる事もあるそうですが、使うとその良さが分かるというなかなかの優れもののようですよ!

次回は秀くりーむの全成分をご紹介していきます!

関連記事:あきゅらいず 知っておくと便利な情報と口コミ